ご冗談でしょうSIerさん その5

入社して2年目、某官庁の案件のテスト工程に放り込まれた時の事だ。

その案件はjavaの案件だったのだが、クラス名が連番で管理されていた。それだけで本当に恐ろしい案件だったと今更ながら思う。

これは発注者側の要請ということだったらしい。また、こういったクラス名には無頓着なくせに、オブジェクトの凝集度や結合度にうるさかったらしい。

たしかにオブジェクトの凝集度や結合度というのは保守性を上げるために欠かせない指標ではある。しかし、その前にクラス名をなんとかするべきなのではなかったのか?

発注者側の要請であっても、こういった間違った命名規則にするのは、エンジニアとして責任を果たしているといえるのだろうか?
俺は発注者側の要請だったとしても、根拠があるならば、従うべきでは無かったと思っている。それが専門家としての責任を果たすという事だと考えるからだ。

患者の言うままにぽんぽん薬を出す医者が良い医者ではないのと同じように、だた顧客の言うとおりにシステムを作るエンジニアは良いエンジニアとは言えないのではないか?