swiftでQRコードジェネレータを作ってみた

だいぶ前だけど、swiftでQRコードジェネレータを作ってみた

bitbucket.org

今回はSwiftとRxSwiftを使ってみようということで、
またしてもMac上で動くQRコードジェネレータを作ってみた。

QRコードのエンジン部分にはQRCoderを使った。

QRCoder on CocoaPods.org

 

f:id:cnaos:20190126112303g:plain

動的にQRコードが変わる様子

 

テキストボックスと、スライダーの両方を監視して、
どちらかに変更があったらQRコード画像を生成し直すっていう処理が比較的少ないコード量で書ける。

ただ、RxSwiftの参考書などを見ずにやってたから、このくらいだったら大丈夫だけど、もっと複雑なことをやろうとしたら大変そうだなって感触。

あとMacOS用のRxSwiftはRxCocoaというサブセットで、
サポートされているGUI部品がiOS用のものとだいぶ違うらしい。
たとえば、MacOSだとテーブルはNSTableViewを使うんだけど、
このあたりのサポートがなかったりする。